クレジットカードの審査について。私、成長出来ました。

いろんなお店やインターネットなど、今はどこででも「クレジットカードを作りませんか?」という文字を見ます。
見かけない日はないというくらいです。それで大抵、今なら何円分のポイント進呈!なんていうプレゼント付きです。

持っていればポイントが溜まったりしてお得なことが多いクレジットカードですが気になるのは審査だったりしますよね。

必ずというわけではありませんが銀行系のクレッジとカードは審査が厳しい傾向にあります。
また審査される基準は安定した収入があるか、勤務年数、過去に支払の遅延がないかなどです。多少の支払いの遅れは遅延扱いにはならないので安心してください。
だた毎月支払いが遅れている、2ヶ月以上滞納だと審査は通りにくくなるようです。

延滞に関する履歴についてはその後2年間信用情報機関に登録されることになる。つまり2年が経過して3年目になれば記録が抹消されるんだ。
出典:ブラックの人でも作れるクレジットカードはこれ!【2016年最新速報】

信用問題になるので支払いはきっちりした方がいいですね!!

上でも言いましたが、毎日の生活で必要な食料や日用品、携帯代金や光熱費、すべてをクレジットカード払いに変更できたら とてもポイントも貯まってお得です。
でも待ってください!クレジットカードを使っていい人と、やめた方がいい人がいるんです。

クレジットカードでの支払いは、目に見えないお金が使われています。
お金を支払った感覚がとても薄いんです。サイン一つで物が買えてしまいます。
なかにはサインすらいらないところもいっぱいあります。

きちんとカードで支払ったお金を口座に移しておける人ならば、クレジットカード生活はとても楽でポイントも貯まり、いいことばかりです。現金で買っていたらポイントは貰えない物ですから。

ただクレジットカードで支払って、その支払い分のお金まで使ってしまう人は…残念ながらカードに自分が振り回される人。いくらポイントがお得でも持ってはいけないと思います。

クレジットカードで買い物→手元に現金は残っている→使う→来月の支払い分の現金がない!→またクレジットカードで支払い…
という、魔のループに陥ります。
クレジットカードは計画的に賢く利用したいですね。

私事ですが、クレジットカードで初めて分割で服を買った時、自分がちょっと大人になったように思えました。
服は一括で買うものだと思っていたのと、まさか自分がローンを組んでまで一着の服を購入するなど思ってもなかったからです。
次に大きな買い物をしたのは仕事道具でした。見習いの自分にとっては50万のローンは本当に大きく、それでもその道具を持つことができたのは少し誇らしくもありました。
それからはローンを返済するために仕事にも打ち込めましたし、返済完了して再度組み直しもしました。
カードローン会社の方に電話で残り返済回数を聞いたときに、サービス業でもローンは広げられますか?と何気なく聞いたら「いままでちゃんとご返済なさってる実績があるので大丈夫ですよ」と言われて、また一つ成長したような気にもなりました。
クレジットカードは考えてみれば自分の成長とともに使える幅や用途も広がってきたのかもしれません。
返済のためにはやはり働くことが大事ですし、仕事に打ち込む気力にもなります。
一括返済のできないものは無理なく、自分に合せてのカードローンでしっかりとしと↓返済計画で臨めば返せないことはないのですから。
これからもゆっくりとカードローンと成長できればと思います。